ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。


翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。

このサービスを1人(または1法人)月2枚まで(3,000文字まで)とさせていただきます。
上記した量までなら、毎月ご利用頂いても構いません。語活道の有料翻訳サービスのご利用勧誘をしませんのでご安心を。

ただし、語活道の仕事都合などの理由により本サービスを中止または停止する場合があります。

-------------------------------------------

ミニボラサービスの誕生について


来日外国人観光者の急増に伴い中国語や英語のポスターも急増し、中に外国人を大笑わせるものが少なくありません。また、読んで気分が悪くなるというものもあります。

一翻訳者として笑って済むことではありません。何故このような訳文が生まれ、しかもそのまま使われているのか、いろいろと考えてしまいます。

経験則から言えば、翻訳ソフトを使って訳されたものになります。
近年、翻訳ソフトは一言二言位のものの翻訳精度がかなりアップしてきたが、言い回しや曖昧な表現を含む文章、行間を読まないと全体の意味がはっきりしない文章になると、まだ無理でめちゃくちゃな訳文を生み出します。
また、翻訳ソフトは、瞬間原文に相応しそうな訳文をネットにある数え切れない訳文からピックアップするので、ネットに正しい訳文も間違った訳文もあるため、間違ったものをピックアップしてしまう可能性もあるでしょう。 
今年、会社では私が休む日に、日本人同僚が翻訳ソフトで訳した中国語と英語の掲示を校正せずに団地の壁に貼って、読む方は気分悪くなりクレーム電話を掛けて来たこと2回ありました。

決して翻訳ソフトを否定するつもりはありません。


翻訳ソフトにも良い点があるので私はよく使います。訳文をコピーペして校正する為に使うので、入力の手間を省けるから助かります。翻訳ソフトを使うのが問題だと思わないが、問題になるのがそれを使う方に、訳文がちゃんとした言葉になっているのか、原文の意味に合っているのかを判断する位の外国語レベルあるかどうかということです。訳文の外国語レベルが入門程度の方が翻訳ソフトを使うとやばい事になります。いろんなところに出回っている、外国人に笑われるポスターがこういう入門レベルの方々&翻訳ソフトの「傑作」でしょう…

このような状況を少しでも改善し、第二故郷になった日本の国際的なイメージの維持に微力を捧げたいと思って、このミニボラサービスの提供に至りました。

お問い合わせなどは、お気軽に右サイドバーにある「連絡フォーム」から!

战狼 | 戦狼 | 今日のキーワード

2020年5月31

近年、中国のネットで「戦狼」という用語が流行っている。戦う狼、転じて好戦的な人という意味。中国のウー・ジン監督が制作された愛国ストーリーでアクション映画の題名から由来。
その延長線で、「戦狼式」の発言や振る舞いをする「戦狼外交」や「戦狼外交官」のような新造語が発明されてきた
近年、中国网络用语”战狼”极为流行。意为战斗的狼、喻好战之人。本词来源于中国的吴京导演制作的爱国武打格斗电影名称。
由本词,进而还衍生出了其他新词,如惯于进行”战狼式”发言与行动的”战狼外交”以及”战狼外交官”之类。

英語宿題~短い英会話のビデオ製作

2020年5月28日

今日は、緊急事態解除後最後の在宅日。
昨夜、英語先生が出された宿題として1分位短い英会話のビデオ製作に協力して貰えないかと友人のマリアさんに言われたので、今朝朝食後約束の井の頭公園へ。

到着してから公園の中を散策しながら、友人二人が久しぶりに偶然に会ったシーンをイメージして会話の内容を決めて何回も練習したりした。

それから録画スタート。途中でセリフを忘れたりしてしまい(笑)、何回もゼロからやり直した。
マリアさんは世界を旅する引退生活をもっと楽しむ為に英語の勉強をスタートしたそうです。
頭が良いから、きっと早く上達できると思います。

米国生まれの高校生が無料の英語レッスンサイト立ち上げ


2020年5月12日

中国人友人のWechat記事を見ると、彼女の米国生まれの高校娘さんが無料の英語レッスンサイト~Teaching Terraを立ち上げました。


高校生時代の私が何をしていたのでしょうか・・・
英語を読めて、ある程度書ける私ですが、リスニングとスピーキングがまだまだなので躊躇せずに登録し、高校生の学生になりました。

今日午前11時頃、 Wechatのビデオ通話によるIntroductory callでいろいろなご説明を受けました。
勉強はいつからでも遅くない。さあ、初心者気持ちで頑張りましょう。


ご興味ある方は、クリックして見てください⇒  Teaching Terras

「口罩」(マスク)が今年の流行大語になるじゃないかと思う今頃

2020年2月23日

郵便局で上海の親戚へEMSで唯一の在庫マスクを送る際、郵便局窓口の方に私が記入した「口罩」(マスク)について何も聞かれず、その下に記入した「干鱼片」(煮干し)が何でしょうかと聞かれました。

もはや日本郵便局には、中国語が分からなくても「口罩」だけ分からない方がいないと感心感激です。「口罩」(マスク)が今年の流行大語になるじゃないかと思う今頃。

日本では早い段階から水際対策をとり始めていること、日本の良い衛生環境、人々の良い咳エチケット等々から、私は終始日本政府の対応には不足ありますが厳しく批判すべきことはないと思われます。

37度が正常体温だから、微熱の37.5度が免疫細胞が戦う最中状態でしょう。これを連日超えたら診療を受けるという指針と、外出時微熱でも強行受診や隔離というやり方、私は迷わずに前者を選びます。

まあ、外出時マスク着用という最低限の防衛策は取っております。何故かというと、自分が感染して発症せずに他人へ移すような人になりたくないだけです。

ここは人間の土地? | 笑って済むことじゃない神翻訳


2019年11月23日

また、ある中国人が日本で見て撮影した「神翻訳」を見ました。
笑っても気がすまないからここへ持ってきました。

韓国語が分からないので、下の中国語訳だけについてコメントします。

中国語訳を読むと、こうなります▼

-----
ここは人間の土地。
あなたの土地ではない。
入って厳禁!盗窃は厳格処罰!
-----

2行目は問題なし。
3行目の後半「盗窃是严格惩罚」とは、中国語として文法的な問題による違和感があるがまあまあ許して良いかな。
問題になるのは、1行目です。中国語「...人的...」を「...人間の...」と訳され、「動物や鳥や虫のじゃない」というニューアンスが伝わってきて、吹き出して笑っちゃいます。「...人的...」の前に一文字だけ入れて、例えば「他人的...」とすれば良くなります。

「ぶらり行徳フォトさんぽ」参加

今年からスタートした週末ウオーキングを、何回したのか分かりません。これからは、簡単な日記をこちらにも残そう。
これはFacebookから持ってきた日記そのままです。
---------

2019年11月17日

昨日は、市川商工会議所青年部主催の「ぶらり行徳フォトさんぽ」に参加しました。
8グループの中、ほとんど街歩きメンバーからなるグループB2に入り、昼過ぎ妙典駅前白妙公園から出発し、「行徳千軒寺百軒」と言われる行徳寺町通り周辺をグループリーダーのご説明を聞きながら楽しく歩きました。
神輿の老舗中台製作所も訪問しました。
製作所の方のご紹介後、その製作工場で、平凡な木材や金物から素晴らしい神輿への工程やを見学しました。一心不乱に作業している職人さんに脱帽。
二階に上がり室内に並んでいる神輿と壁に隙間ないほど貼ってある感謝状に圧倒されました。

年に一度しか見られない徳願寺の円山応挙の鯉や幽霊画、宮本武蔵の書画も拝見できました見。撮影禁止でしたが。

16時半頃、常夜灯公園にゴールインしてから解散、一休み。
その後、友達2人と妙典駅へ帰る途中、最初から最後まで歩けるか自信なかった王さんはまだまだ歩きたいと言うので、3人は本八幡駅へ方向転換。
途中は日暮れとともに綺麗になる夜景を楽しみ、おまけで富士山も見えました!


参加無料に、有り難くグルメプレゼント(ミネラルウォーター、パンとコロッケ)までいただきました市川商工会議所青年部に感謝
市川街歩き会に参加して良かったです

ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。 翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。 このサービスを...