ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。


翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。

このサービスを1人(または1法人)月2枚まで(3,000文字まで)とさせていただきます。
上記した量までなら、毎月ご利用頂いても構いません。語活道の有料翻訳サービスのご利用勧誘をしませんのでご安心を。

ただし、語活道の仕事都合などの理由により本サービスを中止または停止する場合があります。

-------------------------------------------

ミニボラサービスの誕生について


来日外国人観光者の急増に伴い中国語や英語のポスターも急増し、中に外国人を大笑わせるものが少なくありません。また、読んで気分が悪くなるというものもあります。

一翻訳者として笑って済むことではありません。何故このような訳文が生まれ、しかもそのまま使われているのか、いろいろと考えてしまいます。

経験則から言えば、翻訳ソフトを使って訳されたものになります。
近年、翻訳ソフトは一言二言位のものの翻訳精度がかなりアップしてきたが、言い回しや曖昧な表現を含む文章、行間を読まないと全体の意味がはっきりしない文章になると、まだ無理でめちゃくちゃな訳文を生み出します。
また、翻訳ソフトは、瞬間原文に相応しそうな訳文をネットにある数え切れない訳文からピックアップするので、ネットに正しい訳文も間違った訳文もあるため、間違ったものをピックアップしてしまう可能性もあるでしょう。 
今年、会社では私が休む日に、日本人同僚が翻訳ソフトで訳した中国語と英語の掲示を校正せずに団地の壁に貼って、読む方は気分悪くなりクレーム電話を掛けて来たこと2回ありました。

決して翻訳ソフトを否定するつもりはありません。


翻訳ソフトにも良い点があるので私はよく使います。訳文をコピーペして校正する為に使うので、入力の手間を省けるから助かります。翻訳ソフトを使うのが問題だと思わないが、問題になるのがそれを使う方に、訳文がちゃんとした言葉になっているのか、原文の意味に合っているのかを判断する位の外国語レベルあるかどうかということです。訳文の外国語レベルが入門程度の方が翻訳ソフトを使うとやばい事になります。いろんなところに出回っている、外国人に笑われるポスターがこういう入門レベルの方々&翻訳ソフトの「傑作」でしょう…

このような状況を少しでも改善し、第二故郷になった日本の国際的なイメージの維持に微力を捧げたいと思って、このミニボラサービスの提供に至りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。 翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。 このサービスを...