中国語の勉強方法について


2013年7月1日

先日、ある日本人の友達に中国語の勉強方法を聞かれました。
母国語としての中国語を無意識的に読み書き話ししておりますが、外国語を勉強すると同じ一々覚えようとした覚えがありませんのでどう回答するのか、正直に言うと結構迷っています。

だけど、私自身が日本語や英語の勉強暦から考えると、最初はやはり入門レベルのクラスに入ったことが役に立ったと思います。

その段階では大変だったが、クラスで教わることに満足せずに自分でもほかの文法の本を読んだりして、文法をどんどんクリアしたら、辞書を調べながら長い文書(インターネットニュースとか)を読んでいました。ほどんどのニュースを読んで分かってくると、やる気もアップして、進歩が早くなります。最初一日単語を3つぐらい覚えるのにも大変だったが、あるレベルに達すると、一日に覚える単語が数十にのぼります。要するに、語学を勉強する上では、入門レベルクラス+独学+実践(書くこと、読むこと、口に出すこと)、前者が重要だけど、継続的な独学や実践がもっと重要なことです。

中国語の勉強方法の質問へは、日本語や英語の勉強歴の経験談で回答しました。お世辞かもしれないがありがとうと言われました。少しでもお役に立てればと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。 翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。 このサービ...