ラベル sim の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル sim の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

simフリー(シムフリー)生活報告~高速通信3.3G付き音声 bic sim(ビックシム)で月額税込1730円

2016年3月23日


Simフリー(シム フリー)義務化って、そろそろ一年になりますが、まだ当初期待したほどブームになっていません。
といっても、Simフリー義務化が無意味なことではなく、ただ既存利益者達(NTTドコモ、ソフトバンク、au)が積極的に応じようとしないし、格安シムについて詳しく分からないユーザが多いのが主因じゃないかと思います。既存利益者よりユーザ達のために、是非総務省に、格安通信業者達にもっと頑張ってほしい。
私は、すでに半年前の去年10月にsimフリー生活を実現し、simフリーのメリットをたっぷり享受しています。その際、レポートを書こうとしたが、2ヶ月位の請求料金を見てからにしようと、だらだらして今日に至りました。
携帯電話について今までブログを2回書いてから放ったらかしているが良く読まれています。最終レポートを書かないとかなり無責任だと自覚していますが、怠けてしまいました。
今日、三連休の最終日に、シンプルなメモのような形で、書くことに決心!

1. NTTドコモユーザー時代


月いくらだったかは覚えていないが、まだガラケだったので、安かったはずです...

2. 既存ユーザを無視し新規ユーザにしか割引しないソフトバンクとさようならして、auに切り替え


10年以上、ソフトバンクに貢献し続けた→月最低でも6000円、電話を掛けることにより一万円を超えた月も多かった。

一番高い月は、海外でのローミング料金体系が分からず、9万8千円超を払いました(痛!)
しかし、長期ユーザを無視し新規ユーザにしか割引しないソフトバンクにむかついたので2015年1月にauに切り替えました。

3. 2年縛り中のauともさようならして格安simフリー体験


softbankからauに切り替えてまもなくシムフリー義務化のことを知って自分の不勉強が身にしみ、猛勉強しました。その結果、4月に2年縛り中のauともさようならを断行。解約後、すぐに楽天で中古の白ロム端末を買い、DMMの安い通信simを購入しシムフリー生活を数ヶ月間体験。 au解約料 + au iPhone6の端末残金 + 中古端末&通信sim購入、一時的に負担が重かったが、auの2年縛りの月5000~8000円と比べるとやはり安いし、3年か4年で比較すればより安上がりです。

4. 7インチASUSの音声通話機能付タブレットを3万円位で購入し、bic sim(ビックシム)でシムフリー生活を実現


格安simが問題ないと半年の体験で良く分かりましたので、2015年10月に、7インチASUSの音声通話機能付タブレットを3万円位で購入しビッグシムを入れてシムフリー生活を実現しました。
月額1600+税で、電話番号+高速通信3.3G。今までは本当に馬鹿でした。 電話もインターネットもトラブルなく大変有り難いです。これです▼

  びっくりする程安くて使いやすいビックシム~月1600+税で、電話番号+高速通信3.3G

また、ビックシムも、直接電話をかけると当然料金が発生します。通常料金でいうと40円位/1分で、25分位電話をすると1000円になりますね。
条件を満たせば割引きプランの適用も可能ですが、条件のクリアよりアプリlinecallを使うのがより簡単でしょう。linecallは、line友じゃない相手へ格安電話サービスを提供するアプリで、25分間の電話料金を見てみましょう:
 日本国内 固定電話へ¥3(3クレジット)/分 25分でただ75円
 日本国内 携帯電話へ¥14(14クレジット)/分 25分でただ350円
 中国へ       ¥1(1クレジット)/分 25分でただ25円

実際のところ、私は去年11月に、linecallのコインを240円購入して、使いきって再度購入したのが今年1月でした。ほとんどのことがSNSでできるので、偶に電話を掛けるときlinecallで毎月100円前後で済んでいます。

以上、簡単ですが、真実なシムフリー生活レポートでした。


Simフリー義務化!指を咥えて見るのか、アクションか

2015年5月2


ようやくSimフリー義務化の5月にはいりました。

格安通信業者がどんどん増えてきて三大キャリアとの乱闘がますます激しくなり
もはや通信業界は春秋戦国時代のような状況に陥っています。

競争が激しいほど通信料が下がりユーザーに良いのですが、そうなるまでには短くても数か月かかるでしょう。

私の在日20数年間を顧みれば、NTTドコモを5年以上、Softbank10年以上のユーザーとして2年縛りで無意識に高額な料金を払い続けてきました。Simフリーという言葉や今年5月からのSimフリー義務化のことをなんとなく知っていたのですが、具体的には知らなかったため、今年1月にAuへ乗り換える際、またも2年縛りの契約で囲い込まれてしまいました。

今回こそ、さすがにまた残りの20ヵ月を待つのか?もう嫌です。
去る4月30日にAuショップへ行って、通話+通信放題プランの解約を決行しました。
Iphone6端末の分割料の返済額に加え解約料も取られて痛いのですが、後20か月も待つことができないし自分の不勉強のせいなので学費として払うことにしました。

Auを解約すると、すぐに楽天で中古の白ロム端末を買いました。

なぜ中古の端末を買うのか、簡単にいうと、今持っているIphone6をAuがいつかロック解除してくれる夢や、Iphone6のロックをアンロックできる解除アダプターのような製品が市販されるような夢を見ているからです。また、Simフリー義務化と言っても、現状、三大キャリアどころか、格安通信業者でもまだ何でもかんでもフリーしてくれないのです。特に通話プランのSimがまちまちですが一旦契約すると半年縛りとか1年縛りとか囲い込まれてしまいます。

ということで、Iphone6のロック解除ができる日がやってくるまでに、まず中古端末+新規業者から安い通話通信Simを購入し使ってみて、中古でも問題なければより良いプランへアップしようと考えています。

では、どの業者のSimを購入しようかな・・・よく比較してきたがどちみちもあまり変わらないので迷ってます。決めるまでには、家にいるときパソコンか解約済みのIphone6でWifiを使えてIP電話もインターネット、何でもできますが、外出するときも不便がないように、通常家に置かれているWimaxを持ち運びちょっと面倒ですが、しばらくの間、このような無通話回線契約主義で行きましょう。(笑)

softbank(ソフトバンク)、さようなら!10年以上のユーザーから~拜拜,软银!

2015年1月31日


今日やっとながーく使ってきたsb(ソフトバンク)をあきらめてauに切り替えることにした。

ソフトバンクを10年以上使ってきたが、美味しそうな機種変更の割引特典が全然既存ユーザに適用されず、最初の2年契約後、本体料金の完済とともに機種変更をすると、また毎月数千円の本体料金が発生してしまいます。これでもSB(ソフトバンク)を続けると自分でも大馬鹿だと思います。

大変面白いことに、今までSBへ既存ユーザーにも割引特典を適用しませんかと文句なり苦言なりさんざん申し上げたが全然耳を貸してくれなかった。しかし、今日auショップで同じ電話番号の切り替え手続きのためにSBへ電話をいれると、急に本日中に大事な永年ユーザである○様(私)に3万ポイントを付与するので、1日ぐらいauとsb、両方から見積を取ってみてから決めてはいかがでしょうか...と、驚かせるほど私を引き留めようとした。

有難いことですがもう決めたことなのですぐに切り替えさせてくださいと何回お願いしても、諦めず説得され続けた。今まで何をされてきたのでしょう?...やはり私一個人だけの既存ユーザーに美味しい特典を下さってもお受けする気がないこと、これから他に切り替えようと考えている大勢の既存ユーザ達を引き留める施策を考えてくださること、すぐに切り替えさせてくださること等々を、10分間以上交渉し続けたら、電話の向こう側の方はやっと、「はい、かしこまりました...」と言ってくださいました。

これで、sbとさようなら!と言うとともに、各携帯電話会社が新規ユーザー獲得のための競争激しい特典に大きな疑問を残したままです。既存ユーザと新規ユーザは、どちらも重要だと思いますが、いま各社は新規ユーザの開拓に精一杯で、既存ユーザを失っても大した問題だと考えていないようです。このやり方を見直さないと、いつか壁にぶつかるでしょう。中国の俗語で曰く”猴子掰包谷,掰一个扔一个”、その結果をイメージするにはそんなに難しくないです。

今後は2年毎に携帯電話プランを見直すように日々情報収集しておきましょう。自分のためだけではなく、新規ユーザしか目に入らない大手携帯電話会社へ警鐘を鳴らすことによりユーザーの利益に繋がるためです。

2015年10月追記:sim フリー(シムフリー)生活実現!

シムフリーのことを猛勉強した結果、auもやめて、シムフリーに切り替えました。月1600+税で、電話番号+3G、今までは本当に馬鹿でした。 電話もインターネットもトラブルなく大変有り難いです。これです▼
びっくりする程安くて使いやすいビックシム

MZDAO 〜見事な資本主義革命

今日は、MZ(前澤友作氏)の最新記事を拝読しました。 「私たちのやろうとしていることは、会社を一部の資本家から自分たちの手に取り戻そうとするDAO革命であること...」を含む全文を読み終わると、従来型資本主義から新しい資本主義へ、見事な資本主義革命だと言える事がピ...