コマツ元社長安崎暁先生 末期癌から奇跡の回復

    2018年2月3日

    去年12月11日に、末期肺癌、肝癌、胆囊癌にかかったコマツ元社長安崎暁先生が参加者千人位規模の感謝の会を行ってから1ヶ月以上立ちました。

    1ヶ月余にわたり数多い媒体やテレビ局からのインタビューや出演依頼を断ってきた安崎先生は、ようやくご支援の日中交流雑誌創刊者の孫秀蓮さんからのインタビュー依頼に応じるようになり、私も幸いに同席することになりました。

    今日午後、先生がご自宅ビルの違う階にある一室で2時間ぐらい孫さんからのインタビューを受けました。

    その前には待ち合わせるところで、ただ2ヶ月未満で車椅子なしで立てるようになったのだけじゃなく、歩いている先生の姿を見てほっとする前にびっくりしました。放射線治療を拒否したのがなんて勇敢かつ英明なご決断でしょう!

    末期がん患者の復活の証人として、偉い精神力の証人として、彼を支える奥様の愛の証人として、20世紀日本の経済発展に大きく貢献された功人が引退後、閻魔と戦いながら伝説な人物への過程の1レポーターとして同席いたしました。

    頂いた大きな力をシェアさせて頂きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ミニボラ(少量翻訳無料)サービス

ミニボラサービスとは、語活道が提供する小さなボランティアサービスです。 翻訳業者へ見積を依頼するほどの量じゃないものを、翻訳業者への見積依頼手間を省きたい、A4サイズ用紙1枚、2枚位のものなら、語活道のミニボラサービスをご遠慮なく使ってください。 このサービ...