2017年4月9日日曜日

安崎先生著『夢を蒔く』の1次翻訳ようやく完了

去る2ヶ月間、アフター5にはほとんどの付き合いをやめ、家に閉じこんて安崎先生の2冊目の本『夢を蒔く』の中国語翻訳を済ませました。これから中国側出版社と著者間の確認作業など少なくないが、1次翻訳作業が終わりまずほっとしています。

今日は、安崎先生及び編集係の関眞次先生との会合で、はじめて安崎先生の奥様にもお会いしました。食べ飲みながら、安崎先生の原稿のお話になると、奥様は、面白半分で「彼の日本語がちょっと変でしょう、私でも読んで分からないのよ、皆さんは大変お疲れ様でした!」とおっしゃてました。(大笑い)

0 件のコメント:

コメントを投稿

「夜間にドアや建具類を開閉してください。」、昼間はどうしろというの?壊すしかないのか?

先日、勤務先が管轄する某団地にお住まいのある日本人女性から、一本のクレーム電話が入った。団地の入り口近くの壁に貼ってある掲示の英訳が可笑しいということです。 こうさん、最近、夜間ドアなどの開閉を静かに…という内容の掲示を翻訳しましたかとクレーム電話に出た同僚に聞かれた。ク...