2017年9月17日日曜日

中国の親戚の代わりに買物準備

中国のある親戚で若い女性に、日本の靴下とか、スキンケアマスクとか子ども用熱冷まシートなどを買ってほしいとだいぶ前言われましたが、忙しくてしばらく待ってねと言って2ヶ月も経ちました。

最近、ようやく落ち着いてきたので、何を買いたいのかと聞いたら、なにやら10数枚の写真を送ってきました。

中国のサイトで探したら、あったじゃないのか。彼女に、中国のネットショップにあるよ、日本から送る場合は、国際郵便だから送料を入れると高くなるよと言うと、中国のネットショップに並んでいる日本の商品はほとんど偽物だと言われて、びっくり仰天した。まさか!

そう言われると、確かに中国人、私も偶に国に帰る際、ネットショップで買物をするが、必ず本物か偽物かを考えたり、口に出して確認したりするのです、もう癖になってしまっています。世界経済大国になっても、人間がお互いに信じ合うまでにはまだまだのようですね・・・

対して、私は日本で店を回してものを探すのが疲れるから、よくネットショップで買物していますが、偽物だと疑う習慣がありません。頭が簡単になり過ぎて信じすぎているのかな、もしかして偶に偽物を買ったりしているかな・・・

また、この若い女性親戚に、高くても実店舗で買ってくださいと言われた。ネットショップのものを疑うくせになっているようですね。大変だけど、体を動かして健康増進の機会ですからまあ良いか。

さあ、余談はさておき。
この親戚の代わりに、いくつかの店を回ってきましたが、化粧品や熱冷ましーとはほとんど日本製で値段を伝えるだけです。しかし、靴下は厄介なことに、ほとんど中国製で、日本製のものが余り見つかりません。ネットで探しても産地が中国製だとか、産地が表記されていません。困りました。日本で中国製の靴下を買って中国に送るのが馬鹿じゃない?

後日、また他の店を回って見ましょう。





0 件のコメント:

コメントを投稿

「夜間にドアや建具類を開閉してください。」、昼間はどうしろというの?壊すしかないのか?

先日、勤務先が管轄する某団地にお住まいのある日本人女性から、一本のクレーム電話が入った。団地の入り口近くの壁に貼ってある掲示の英訳が可笑しいということです。 こうさん、最近、夜間ドアなどの開閉を静かに…という内容の掲示を翻訳しましたかとクレーム電話に出た同僚に聞かれた。ク...