2018年6月24日日曜日

友達から干し餅状の超硬いプーアル茶をいただきました

先月末来日観光のカナダに移住した友人夫婦に会って、成田駅近くの店へ夜ご飯を誘いました。

せっかく日本に来ているからもちろん和食じゃなきゃと思い、寿司も注文したがなかなか食べてくれない。
食べて見てねを連発すると電子レンジで1、2分位チンしてもらえるかと言われました。
それを恐れ恐れ店員にお願いしたら、イメージしてた大笑いもなく微笑みながら優しく対応してくれました。まさに国際化のおかげだと思いました(笑)

それから困っている事が一つあります。友達からヘルスケアに大変良いと言われるプーアル茶をいただきましたが、干し餅状に作られもので余りにも固くて飲みたくても飲めない。
ハサミでもナイフでも切れないほどの硬さです。ハンマーを使おうと思いますが、近隣からクレームが来るかな(笑)

また、お茶はなぜこんなに硬く作られなきゃならないでしょう、不思議です。これをFBに投稿したら、下記の通り、ありがたく良いアドバイスをいただきました。
「日本は湿気が多いので、空気中にそのまましばらく置いてから、ハンマーやパワーペンチなどで大分容易に砕けられます。その後は容器に入れて空気を遮断するほうがよいかと思います。」





0 件のコメント:

コメントを投稿

「夜間にドアや建具類を開閉してください。」、昼間はどうしろというの?壊すしかないのか?

先日、勤務先が管轄する某団地にお住まいのある日本人女性から、一本のクレーム電話が入った。団地の入り口近くの壁に貼ってある掲示の英訳が可笑しいということです。 こうさん、最近、夜間ドアなどの開閉を静かに…という内容の掲示を翻訳しましたかとクレーム電話に出た同僚に聞かれた。ク...